ベッドタウン車社会での浮気調査

関東のベッドタウンと呼ばれ地域は車社会である。一家に一台以上の車輌を有し「ちょっとそこまで買い物!」というシチュエーションでも車で出掛けるのである。 スーパーの買い物に始まり日用品を買いにホームセンター等はポピュラーなお出かけパターンだろう。 近年は欧米スタイルの大型店舗の進出により湾岸ベイエリアなども賑わいを見せている。

探偵が神奈川・埼玉・千葉・茨城などの浮気調査を実施した場合には必ず同様の場所を複数回に渡り訪れる機会がある。

それ程、人気のある場所は限定され皆が足繁く通う場所である事が理解できる。

車輌移動が基本な地域で浮気調査を実施する際にはGPSの存在が調査成功の重要なキーポイントとなる。 習慣的に訪れる買い物スポット以外の場所へ足を運んだ際にどれ程の情報を得られるか?が車輌での浮気調査の困難な重要ポイントなのである。 そんな場面で車輌は確認できたが肝心な調査対象が見当たらない状況では「調査を実施する意味がない」のである。

まず、GPSを使用した浮気調査では「調査対象の行動パターンを把握」する事が最優先である。 仕事の日、休日に大きく分けて「浮気の確率が高い曜日を推測」し調査を複数回実施する。この選定が今後の調査の進行を大きく変化させるきっかけとなる。

平日の短時間に浮気行為に走っているのか?休日に充分な時間を割いて浮気行為をしているのか?

大きく分けて方向性を決める事により「行動パターンがかなり限定され調査範囲が絞られる好循環に働く」のである。 頻繁に好んで食事に出掛ける場所や買い物場所が限定される事により浮気相手とのバックヤードも露呈しやすい傾向にある。 行動範囲が限定され証拠取得に拍車がかかり「ホテルを利用する瞬間」である決定的な浮気の証拠なども時間の問題で撮影できる運びとなる。

言い換えるならば、ベットタウンの車社会で浮気をしている人物は「比較的簡単に浮気の事実」を露呈しやすいと言える。 それにより浮気の証拠の取得もスムーズに運びやすい傾向にあるのである。

しかし、調査業務もデジタル化された現在、探偵も日夜、デジタル技術の進歩、対応について行けるだけの学習も必要となっているのである。 探偵が使用する機材の進歩と調査力の向上は「ベッドタウンの調査で更に生きる」と言えるのだ。

この調査機材の進歩を取り入れ、設備投資をする探偵会社は優秀とも言える。 まさに最新の機材による調査と言え、調査の成功率も向上することは当然と言えるのである。

車社会やベッドタウンに対応した浮気調査を実施できる探偵とはそのような存在と言える。 それに加えてベーシックな探偵に必要な知識として「主要道路が記憶」されていなければならない。 主要道路が頭に入っていることにより、素早い判断が可能になるからだ。

ページのトップへ戻る